ISO 14001 の監査過程

あなたは、環境マネジメントシステムの導入の経験を持つやあなたの組織は、ISO14001に認定されるように、一定の要件を満たす必要があると知っているスタッフまたは外部組織を雇います。

第一段階は、環境に影響を与える組織のすべての部門を評価することである

指定の監査員は、現在のシステム及び使用資料を監査して、改善又は是正が必要な点を通知する。

評価すべきいくつかの重要なポイント:

  • 所在地での活動
  • ドキュメントシステムの遵守
  • ドキュメント管理
  • 各プロセス
  • ISO 14001での法的要求
  • 是正処置・予防処置
  • 記録の管理
  • マネジメントレビュー
  • スタッフの意識向上およびトレーニング

定期的なISO14001の監査プロセス

次は、プロセスの実施とドキュメントシステムのアップデートを維持されているかをチェックする段階である。

監査中に、下記を評価される:

  • ドキュメント管理
  • 記録保存
  • スタッフやマネジメントはシステムを遵守
  • 組織の各部門でのシステムが運営している方法
  • 要求を満たすために、必要な時に応じて従業員のトレーニング

ISO 認証とUKASの公認

このISOを監査する認証機関が様々なあるが、重要なのはすべての組織がUKAS公認されていることではない。

更によく理解するために、英国のBISのお知らせをご参照してください

http://www.bis.gov.uk/policies/innovation/standardisation/non-accredited-certification

ACS RegistrarsUKASが公認されている。それで、キックオフ前に詳細情報についてはお問い合わせください。