国際規格機関

規格とは?

規格とは、製品や材料、工程或いはサービスについて、共通の仕様、条件、手順、特徴をまとめ、制定したドキュメントのことです。

詳細

世界標準協力(WSC

世界標準協力(World Standards Cooperation – WSC)は、国際電気標準会議(IEC)、国際標準化機構(ISO)及び国際電気通信連合(ITU)の3機関により、国際標準を向上させるために2001年に設立された。

詳細

国際標準化機構 (ISO)

ISO(国際標準化機構 - International Organization for Standardization)は、国際規格を策定するための世界一の大きな非営利組織である。ISOが、工業分野の製品やサービスに関する近代的な国際規格を提供し、当分野の効率・効果を向上させることができる。ISOの規格は国際で認められ、国際貿易の技術的障害をなくすのに役に立っている。

詳細 

国際電気標準会議 (IEC)

国際電気標準会議(こくさいでんきひょうじゅんかいぎ、International Electrotechnical Commission、IEC)は、電気工学、電子工学、および関連した技術を扱う国際的な標準化団体である。

これらの技術は電気技術と一般的に呼ばれる。産業、商業、政府、研究所、試験所、各学院、顧客グループに属する10,000以上の専門家がIECの標準化事業に参加した。への配慮などが対象となる。

詳細

国際電気通信連合(ITU)

国際電気通信連合(こくさいでんきつうしんれんごう、英語: International Telecommunication Union; ITU)は、国際連合の通信技術専門機関の一つである。

詳細

国際認定フォーラム(IAF)

IAFは、2つの主要目標に貢献する目標の達成に向けて策定された広範囲のプログラムを用意している。IAFの第一目標として、適合性評価の一元化された世界的プログラムを策定し、認定された証明書および認証の信頼性を保証することにより企業およびエンドユーザーに対するリスクを軽減することが挙げられる。IAFの第二目標として、認定機関メンバーの間で相互承認協定(MLA)を確立することが挙げられる。こういった協定の目的は、その名前が示すとおり、認定された認証がMLAの調印者間で相互に承認されることを保証し、1つの認定に基づき認定された認証が後に多くの市場で受け入れられるようにすることである。

詳細